スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
■鳥インフルエンザに寄せて思うこと
宮崎・鳥インフルエンザ 鶏を焼却処分へ<1/15 14:03>

 宮崎・清武町の養鶏場で鳥インフルエンザの感染が確認された問題で、宮崎県は15日夕方にも、養鶏場の鶏約1万2000羽を焼却処分する。
 この問題は、清武町の養鶏場「谷口孵卵(ふらん)場黒坂農場」で、飼育していた1万2000羽の鶏のうち約4000羽が死んだもので、「H5型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが確認された。

 宮崎県は14日、感染の拡大を防ぐため、この養鶏場で飼育している残りの約8000羽の鶏を処分した。15日朝からは、県の職員が鶏を焼却する準備を行い、夕方には焼却処分が行われるという。
 また15日夜には、清武町の住民に対する説明会が行われる予定。(ニュースの記事にて)


鳥インフルエンザに認定されてしまうと、その養鶏場の健康な鳥もひっくるめて処分されてしまうそうである。
鶏に限ったわけではないが、この全体責任?という処分方法は、人間の勝手としか思えない
動物愛護から考えると
恐ろしいことだ。

niwatori.jpg

070116-tebasaki2.jpg

070115-tamago.jpg



しかし、一旦病気が発生した養鶏場の鶏肉や卵は、売れないだろう。
よって処分するしかない。と結論づく。

しかし、この考え方は、人間は鳥を食べ物と規定した考え方でしかない。
よって、この枠から広がることもない。

『え? 鳥や牛や豚、つまり食肉となる動物は、生きる権利がないの?』

どんな生き物(アメーバであっても)でも、私たちと同じ「生きたい」と考える生き物ではないか。
そのへんは、どうなのだろう。



以前、不思議な話を聞いたことがある
うる憶えなので申し訳ないが

***********************************************

昔々、
偉いお坊さんが、ある親子に目がとまり
その親子の前生を透視した。

その親子である
女性は、赤ちゃんを抱き干し魚を食べていた。

すると、
その女性が食べていた干物の魚は、前生で優しい父だった。

その魚の匂いにつられて、近寄ってきた犬を追い払うわけだが
その犬は前生で優しい母だった。

で、その女性の腕の中にいるかわいいわが子は、
前生でその女性を惨殺した敵だった。

***********************************************

登場人物をわかりやすく並べると

女性           →(本人)
かわいい子供     →前生での宿敵
かわいそうな野良犬 →母
魚の干物        →父

わたしはこの話を聞いて、吐き気を催してしまった。
(マトリックスの中でも、真実を知ったネオが唾液を吐いて倒れてしまうシーンがあるのだが)
とてもショッキングだったのを憶えている。

さっき食べてた手羽先は、いつかの生で父だったかもしれないの?

「リインカネーションがある」とした場合、

生命を有する生物はお互い同等、同じだということ?

どんなに親密な縁があったとしても、残忍な縁があったとしても、それは常にすり替わっていくもの?
どうしてそうなの?

自分が鶏に生まれることもあるの?

それが真実だとした場合、常に相手には優しく誠実に接するよう、努力しなければ。ということになるし。
生き物を食べる行為は、とても恐ろしい行為になる。

食べるのは楽しいし喜びだし
食べないといきていけないともいえる

しかし
生き物を食べることによる、弊害は無いか?
去年のように、発熱と下痢に悩まされる状態は喜びでも何でもないの一言につきる。
ノロウイルスしかり、狂牛病・・・・。
これは、生き物を食べる生き物(人間)への警告ではないか?

あぁ、霞を食べて暮らす仙人とはどんな人だろう?
霞で生きていけたらなぁ

現代風にいうと、水とサプリメント(錠剤)だけで生きていけたらなぁ ってことになりますか?(うーーーーーーーーーーん.... (。-人-。) )



スポンサーサイト
【2007/01/15 19:12】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■葵の健康重曹日記 1/16 | ホーム | ■葵の健康重曹日記 1月14日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://genki1.blog23.fc2.com/tb.php/96-ccb527eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
健康元気日記


私が試したもの、日々の気づきを紹介していきます。 偏っていたり、間違ったりするかもしれませんが、参考になれば幸いです。

プロフィール

  葵

Author: 葵

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。