FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
■掃除
060719room.jpg



私は、去年の年末に、2ヶ月間、数日通って、
ご老人のお宅の掃除をしたことがあるんです。

体が動かなくなって、ここ数ヶ月というもの掃除をしたことがないそうで、ホコリがたまって散らかっていました。
さらに湿気がある部屋の隅はカビが生えていました。

年末でしたので、急いで掃除をして、
さっぱりして新年を迎えていただこうということで、
私は、体に鞭打って片付け、家具の移動、ぞうきんがけ、障子の張替え、布団洗い、買い物などなどを行いました。

例年より寒い11月12月でしたので、いつもなら腰や肩に疲れが溜まって、痛くて動かなくなってしまうのですが、なぜかこの時は、腰が痛くもなく、逆に、肩が軽いんです。

ん?何でだ?っと思っていました。


で、年が明けて、3月頃に、片付けが不得意な友人の部屋を片付けたら、また同じ現象が起きたモンでびっくり。

で、3度同じことが。

肩が軽いんです。通常何もしなくても肩が痛くて回らないのがです。

下手な、運動するより、肩が良くなるんですね、不思議なもんです。


どうしてなんだろか?と考えたのですが

部屋の片付けをし掃除をすることにより、
部屋の風の流れや気の流れが良くなった分、自分にもそれが返ってきたのかなと思うのですが
どうでしょうか?

で、年末のお掃除に伺ったご老人は、デイサービスを受けてらっしゃったのだですが、掃除が終盤になった頃には
お世話の方が、ご老人のむくんだ足をさすりながら、「何だか足のむくみが引いてるねぇ」と話していたのを憶えています。

060719silver.jpg



掃除って、バカにできないかもしれませんよ。

特に、病気の場合、物でいっぱいの散らかったホコリでいっぱいの部屋で闘病生活するより、片付いた清潔な空間で療養するほうが、体にいいはずですよね。

病気って、「気の病」と書き、気が滞っていることを意味します。

体が動かなくて、散らかった部屋にいた頃に比べて、
日に日に片付く部屋にいることによって、部屋と体が連動して
気持ちも明るくなり、気の流れもよくなり、病気が快癒に向かったのかもしれません。

体の気を通すために、
身の回りの気の流れ、風の流れを綺麗にスムーズにしてあげることが病気を好転させるポイントじゃないでしょうか。


身の回りに、部屋が散らかっている病気の親族、友人、知人がいたら、お見舞いと称して花束とお掃除をプレゼントしてはいかがでしょうか?

ただし、状況を見て、病気に障らない程度にとどめておきましょう。

寝床は、最低限の片付けにして、
病室以外で、トイレ掃除とか、台所とか、溜まった洗濯物を片付けるとかが喜ばれるかもしれませんね。

本人の了承を得た上で。

060719flower.jpg


スポンサーサイト
【2006/07/19 01:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■涼しく節約-緑のカーテン | ホーム | ■ウォーターオーブンの時代?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://genki1.blog23.fc2.com/tb.php/61-2472bc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
健康元気日記


私が試したもの、日々の気づきを紹介していきます。 偏っていたり、間違ったりするかもしれませんが、参考になれば幸いです。

プロフィール

  葵

Author: 葵

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。